吉野公佳 最新映画「M」公開!レビュー

吉野公佳 最新映画「M」公開!レビュー

10/31の夜ハロウィーンパーティを早めに切り上げたオレは他にも終電に間に合わなかった仮装した若い人たちのタクシー待ちの列に並んでいた。すると、D氏からのLINEメッセが入った。 「たまちゃん、公開されたぞ!」のメッセージに思わず、「ヨシッ!」と声が漏れてしまい後ろに並んでいた若い仮装したカップルに横目で睨まれてしまった。

ようやく順番がきたのだが、柿の木坂から家までは約30分。「甲州街道からいってください。」 普段はタクシーの運転手に道をナビしてあげることのないオレは、30分くらいかかる道のりを考えて、カバンからパソコンを取り出して膝の上に置いた。「こんな時間なのにまだお仕事ですか?」 感心したようなタクシー運転手の顔がルームミラー越しに見えた。「い、いや、ま、まぁ、そうなんですよ、ったく、、、ハロウィーンなのにね、ははは。」これから家に帰るまでにまさかパソコンを開いてわざわざエロ動画を観るとは言えないでしょう。音が出てしまうので、さすがに普段iPhoneで音楽を聴いてるので、イヤフォンをパソコンに付け替えた。

前に予約で買っておいた吉野公佳の動画は、アボッドというサイト上で公開されているのを確認しておいたので、すかさずブックマークに入れておいたアボッドを開いてみた。この日の準備と言えば、パソコンをどこでもネットに繋げられるようにと、ポケットWi-Fiまで契約しておいたのは我ながら正解だった。

サイトを開いてログインしてみると、【映画「m」vol.1をご購入頂きありがとうございます。吉野公佳の極上ボディをご堪能ください。】との文字の下に動画プレーヤーがあった。

「ん?Vol.1?」ってことは、シリーズ物なのか?そんな疑問をよそに動画を再生していた。再生はまずFBIなんちゃらというコピーしたら違法だぞみたいな文面が英語で書かれている。ハリウッド映画にもあるし、カリビアンコムの動画はどれもこういった違法で垂れ流しをする人向けの警告が流れている。でも長いのはうざい。そうこう1分くらいじっと待っていた時に、遂に吉野公佳ちゃんが登場。

吉野公佳 最新映画「M」

アメリカのとある家でのシャワーシーンでは、とても39歳とは思えない程の肌のピチピチ感、そしてシャワーの 水が公佳ちゃんの肌を弾いてる映像だった。これはフライデーで観たぞ。しばらくすると、ム、ムーミン登場!?どうやら、設定はアメリカで暮らすミドリ(吉野公佳)の家に居候している留学生の役のようだ。ここまでは前に予想した展開だ。ただ開始6分くらい音はあるものの、まだ公佳ちゃんの声は聞いていない。AV男優との絡みのせいか、ミドリの台詞がなんだか棒読みにも感じたが、可愛いので許そう。

次の場面では、訳わからんピアスした白人アレックス(たぶん洋物AV男優)が夜の予定を聞いていた。すると、その日の夜に切り替わり、公佳ちゃんはフライデーなどの写真のとおり、メイドの格好をしていてほとんど動かないのだ。なんだこれは。。。

無言でアレックスのおもちゃにされるミドリはされるがまま、アレックスのダッチワイフになって、絡み始めた。そう思ってたら、家に着いてしまった。「3,170円です。」運転手の声に思わずパソコンを閉じてしまったがなんとやはり次に続く作品だった。これは次が楽しみだ。

ご購入はコチラから

吉野公佳 最新映画「M」後編 配信は11月21日