吉野公佳ファンサイト FRIDAYのサンプル動画も公開中!

吉野公佳 追っかけサイトには成人向けコンテンツを含みますので、18歳未満の方はただちにコチラへお願いします。
更新日:   
吉野公佳 最新映画「M」公開!レビュー
映画「M」は主演ミドリのイニシャルだった!
吉野公佳「M」先行予約開始! 吉野公佳のプロフィール

吉野公佳のプロフィール

生年月日:1975年9月5日生まれ
出身地:神奈川県
血液型:A型
星座:お羊座
身長:168cm
スリーサイズ:B82cm(Dカップ) W58cm H86cm
特技:水泳、ブリザードフラワー
タイプ:お姉さん系、グラビア系

公佳ちゃんってどんな子?:

90年代中盤のアイドル不作時代に突如、ハッキリとした二重まぶたで目ヂカラの効いた女優趣向の秘めた力を備えもった吉野公佳は本名で、1994年、デビューを飾った。アイドルの誕生かと騒がれた。

雛形あきこ、菅野美穂、酒井美紀、永作博美や内田有紀など目がクリッとしたカワイイ系のアイドルたちがデビューしたのもちょうどその頃だったが、スタイル抜群のプロポーションで一躍グラビアアイドルとして
君臨していた。

1993年には映画版「高校教師」に出演されたが、世間はテレビ版の真田広之と桜井幸子に注目が集まってしまった。しかし起死回生に主演に大抜擢となった映画「エコエコアザラク」ではゲームもリリースされるほどの話題を呼び、セーラー服の公佳ちゃんのポスターや雑誌、番組出演は増えていった。
また1995年フジテレビのドラマ「ヘルプ!」にレギュラー出演で抜擢されたものの、キャスティングのせいなのかどれも女優、吉野公佳の名を大きくするものがなかった。90年代後半にはサスペンスミステリードラマなどの出演を果たし、その存在感は主役陣にひけをとらずして、約10年間活躍することとなる。

女優としての活躍はそこそこに、デビューからバラエティ番組への出演が多く、「とんねるずのみなさんのおかげです」や「めちゃイケ」の前身でもあった「とぶくすりZ」や度々「笑っていいとも!」にも出演したりと、お茶の間のキレイどころタレントとしての位置づけも確立していった。

1996年には人気アニメ「それいけ!アンパンマン 空とぶ絵本とガラスの靴」に声優としても活躍。1999年には約2年間、ラジオパーソナリティとしてもその才能を伸ばしていった。

ブログの更新は、現在ではたまにされるほどだが、2008年には衝撃的なニュースが舞い込んだ。あの有名レーベルのMUTEKIから「インパクト」というタイトルで、公佳ちゃんのパイオツが見れると注目があったが、思いのほか内容が中途半端だったと。それもそのはず、最近はアダルトイメージビデオというもので、おっぱい露出があっても実際の絡みもイメージ風に撮影されているので、動画ユーザーからは酷評となった。

しかーし。
ファンとしては、公佳ちゃんを前ほど目にしなくなったのは、こうしたのはすべてフジテレビである。
ビジュアルクイーンの公佳ちゃんをなかば強引にフジテレビの顔として売り出そうとドラマや映画にだしたり、バラエティで雛形あきことどっちがバラエティが上手いかを比べてみたり、これはフジテレビの責任じゃなかろうか。

一方でTBSで2008年に放映されていたドラマ「魔王」では主演の大野智とのプライベートのツーショット写真が流出したことで公佳ちゃんサイドの売名行為ともウワサされたが、公佳ちゃんの売名行為という世間の騒動を収拾させようと働きかけていたジャニーズサイドにも首をかしげるところだ。

そもそも、公佳ちゃんは演技が下手だったのかもしれない。が、その後の「エコエコアザラク」で話題になったことは紛れもない事実であり、女優、吉野公佳が認められたことともいえるのは、ファンとして嬉しい。

その後彼女はどうしているのか?
所属事務所やブログからは活動内容が2010年を境に更新がストップしていることをみると、今は特に活動していないのかもしれない。

これは第二次騒動の前兆なのであろうか。
※ここで述べたことは当サイトの見解であり、組織、団体、またもちろん吉野公佳ちゃんを批判したりする目的ではありません。むしろたまにテレビの特番で放送されている「あの人は今?」に出演してもらいたい。

公式サイト:One of them

公式ブログ:self-mode

動画関連:

夢を語る初々しい公佳ちゃん



東洋紡サマーキャンペーンガール時代